tel 088-897-0314

日本酒通販の酒蔵-地酒・冷酒・吟醸酒・果実酒・祝い酒・土佐宇宙酒などを販売中-瀧嵐の高知酒造株式会社公式ホームページ

高知酒造の歴史

高知酒造は日本の伝統である日本酒を造る会社です

昭和18年、戦局の様相もだんだん厳しくなったころ、 各産業に対する企業整備法により清酒製造業はその半数が転廃され、高知市・長岡郡・吾川郡・土佐郡の1市3郡の酒造家28社が統合。 昭和19年、高知酒造株式会社設立となりました。
 この時、合同銘柄として「清酒 花の友」が誕生したのですが、現在は商標登録不備により、花の友ではなく瀧嵐を主に製造しています。
 その後一部は分離し、現在では22社合同を保っていますが、銘柄で言うと若竹・土佐泉・大国正宗・瀧嵐・仁淀川・千代吉野川・杉の泉・菊若葉・玉柳・八千代盛・葉桜・峰の鶴・岩ノ井・日の出・阿ら玉・千成・加茂川・渓泉・世の中などの酒造家となります。
 設立してすぐ酒蔵周辺の水質悪化という問題に2度悩まされ、3度目にして理想的な水質を持つ仁淀川に出合い、現在のいの町勝賀瀬に落ち着くこととなりました。
仁淀川は最も水質が良好な河川として日本一に輝いております(平成24年国土交通省しらべ)。近年NHKスペシャル「仁淀川 青の神秘」で、仁淀ブルー(NIYODO BLUE )として全国に本格的に紹介もされました。(高知県の観光情報サイトよさこいネットより
土佐風土記でも「仁淀川を三輪(神)河といい、この川の源は伊予の国まで達している大きな川で、 水が清らかなので大神(説では大国様のこととも言われている)に捧げる酒造りに用いた。」という記述があります。
※奇跡の清流仁淀川とその流域の魅力

1886(明治19)年、鹿児島藩士吉井友実の孫として伯爵家に生まれた吉井勇は早稲田大学政治経済科を中退し、新詩社に入社。「明星」に短歌を発表して注目された歌人です。与謝野晶子や北原白秋、石川啄木らと時代を共にした勇ですが、家庭内の不和や実家の没落なども重なって、失意と人間不信にさいなまれた時期がありました。
 しかし、知人らの協力で高知県香北町猪野々に草庵「渓鬼(けいき)荘」を構え、ほぼ自給自足の生活を送った約三年間で酒と湯と山里の素朴な人情にも救われ、見事な復活を遂げたと言われています。
高知の生活の中で勇は高知酒造㈱六代目・九代目の社長(伊野部昌一)の父・伊野部恒吉を酒麻呂と呼び、親しくしていました。勇が猪野々の地に心惹かれ草庵をここに作りたいと恒吉に話した時も、ちょうど酒蔵の裏手にあった隠居所を取り壊すので、その古材木を持っていって建てたらどうかと譲り、それが土台となって渓鬼荘ができたということです。
 恒吉と酒の縁による歌を数多く残している吉井勇。なかでも上述の歌からは瀧嵐をこよなく愛したことがよく伝わってきます。
※高知県香美市「吉井勇記念館」はこちら

11代目社長の醸造元 若竹酒造の歴史

 初代 竹村竹太郎は明治11年に高知市細工町14番地(現在のはりまや町)で若竹酒造を創業しました。初代は子供に恵まれず、安芸市土居の野良時計の隣にある 昔そのままの庄屋の門構えを残す森澤家から 豊之助 を、妻の光(ミツ)の里 石谷家(石谷家の先祖は、山内一豊が国入りしたとき一緒に高知入りした下級武士だった。)から久万を、養子・養女にもらいうけ、 夫婦にしました。
 豊之助は明治18年7月28日生まれで、明治42年に若竹酒造二代目を継承。その頃の製造石数は約1300石で、移入酒をあわせ2000石の酒蔵であったと記録に残っています(代表銘柄は若竹・若笹)。その後、企業整備法により若竹酒造も高知酒造㈱と一体となり、高知酒造㈱の三代目社長として昭和30年~40年まで活躍しました。昭和60年から豊之助の孫である彰夫が10代目を引き継ぎ、平成25年5月まで社長として活躍しました。 現在は10代目の3番目の娘 松村実加が11代目を継ぎ現在に至ります。
11代目社長の祖母の里 田中家の話はこちらから

商品開発の歴史

1985年(昭和60年) 生酒を発売
 … まったく火入れをしない、造ったままの酒を冷蔵庫から冷蔵庫へのキャッチフレーズのもと発売。
   冷酒部門では県下一を誇る。
2005年(平成17年) 高知県酒造組合との宇宙酒発売
 … ロシアのソユーズロケットに酒造好適米と酵母をのせ宇宙ステーションに滞在させた。
   その酵母を使用し宇宙酒を醸造。
   2006年より発売している。2009年には酒造好適米も宇宙米として誕生する。
2007年(平成19年) リキュールの開発
 … 高知県のくだものを使ったお酒の開発に取り組む。

TOP